アファーメーションは寝る前と起きた後が効果的

 

脳波を下げる」のページでも書きましたが、
アファーメーションは就寝前や起床後にやるのが効果的です。

 

というのも、この2つの時間帯というのは
自然に脳波が下がって、潜在意識への扉が開いている状態になってるんですね。
だから、このときに前向きな情報をどんどん入力することで
潜在意識に効果的にプラスの情報を染み込ませることができるのです。

 

気づいた人もいるかと思いますが、逆に言うと、
この時間帯はマイナスの情報もどんどん潜在意識に入っていってしまうんです。

 

だから、寝る前にマイナスのことを考えたり、
起きたあとにマイナスのことは考えないようにしましょう!!
な〜んて言っても浮かんできてしまうものは無理ですよね(笑)

 

そこで、浮かんでくる空間を埋めるかのように、
プラスの情報をどんどん入力してしまうのです。
そうすればマイナスの情報が浮かびにくくなってきます。

 

マイナスのことを思わないようにしようなんて至難の業。
だけど、プラスのことを思うようにしようってのはできそうですよね。

 

人間は一度に1つのことしか考えられませんから、
プラスのことを考えてれば、マイナスが浮かばなくなるのです。

 

これは寝る前と起きた後だけではなく、日中も心がけたほうがいいですね。
起床前後よりも、時間あたりの影響は小さいのですが、なんせ時間が長いわけです。

 

セルフトークといって、人間は心の中でいろんなことを言葉にしています。
そして、厄介なことに多くの人が1日中マイナスのセルフトークばかりしているのです。

 

そこで日中も何もすることがないときには、
心の中でアファーメーションをできるだけ唱えるようにするのです。

 

そうすることで、効果は少ないながらも潜在意識にプラスの情報を入れられますし、
なによりも日中のマイナスなセルフトークを防ぐことができるのです。

 

ということで話がだいぶ逸れてしまいましたが、
「寝る前と起きたあとはしっかりアファーメーションを行いましょう!」というお話でした。

 

おすすめ!!

就寝前と起床後が効果的|アファーメーションの実践関連ページ

アファーメーションのやり方
脳波を下げる