1.肯定的な文章にする

 

アファーメーションは必ず肯定的な文章にしましょう。

 

「私は○○ではありません」という否定文はNGです。
なぜならば、潜在意識は否定の部分を認識できないからです。

 

例えば、お金がない状態から脱出したいからといって、
毎日、「私は貧乏ではありません」というアファーメーションを唱えてしまうと、
「私は貧乏です」と潜在意識は変換して解釈してしまうのです。

 

実際、「私は貧乏ではありません」と口に出しているとき、
頭の中にあるイメージを意識してもらうと分かると思います。

 

どうでしょうか?貧乏をイメージしてしまいませんでしたか?
貧乏ではないとイメージするには、必ず貧乏をイメージする必要があります。

 

つまり、「私は貧乏ではありません」という言葉は貧乏をイメージさせますので、
この言葉を繰り返すことで達成されるのは「貧乏な状態」です。

 

なので必ず、なりたくない状態ではなくて、なりたい状態を意識できるような文章にしましょう。

 

「私は金持ちです」とか
「私のもとにどんどんお金が流れ込んでくる」という感じです。
この言葉を口に出しているときに、頭の中にあるイメージはきっと貧乏ではないはずです。
貧乏であれことをイメージしなくても、金持ちであることのイメージはできますからね。

 

アファーメーションをやるときに限らず、
望まないものにフォーカスするのではなく、望むものにフォーカスすることはとても重要です!

 

多くの人は、普通にしていると望まない状況ばかりをイメージしがちです。
「それ」が嫌だとか「アレ」が嫌だとか言いながら、「それ」や「アレ」をイメージしています。

 

これでは現実が変わるはずがありません。
嫌なことが、ただ繰り返されるだけなのです。

 

何かを嫌と感じるのは、まあ良しとしましょう。誰もが感じる感情ですから。
でも、それを継続させないことが大切です。

 

何かを嫌と感じたら、じゃあどうなりたいのかというのを考えて、
そのなりたいイメージを繰り返し、それに向かって行動するようにすればいいのです。

 

ということで、
「アファーメーションは必ず肯定文」にしましょうというお話でした。

 

<< 前の記事|アファーメーションの作り方2.一人称を使う >>

 

おすすめ!!

肯定的な文章にする|アファーメーションの作り方関連ページ

2.一人称を使う
3.現在完了形にする
4.生き生きとイメージできる言葉で
5.期限は入れるべきか