5.アファーメーションに期限は入れるべきか

 

アファーメーションの文章に期限を入れるべきか。
これは自己啓発系の本などを読んでみても意見は様々ですので、
ここでは、それらを読み考えたうえでの、現在の私の個人的な意見を書いてみます。

 

まず結論から書いてしまうと、「期限は入れないほうがいいです。」

 

  • 「私は行動力のある人間です。」
  • 「私は毎日あらゆる面でどんどんよくなっている。」
  • 「私はいつも笑顔で周りの人に接しています。」
  • 「私は時間を無駄にしません。常に私にとって大切なことに時間を使っています」

 

こんな感じのアファーメーションに期限をつけることはないのは
言うまでもないことかとは思うのですが、

 

  • 「私の月収が50万円を超えました」
  • 「私は簿記検定1級に合格しました」
  • 「私は5キロを20分以内で走れるようになりました」
  • 「私はフェラーリのオーナーになることができました」

 

こんな感じのアファーメーションだと期限を入れてもいいかなって感じですよね。
もちろん、入れても悪くはないとは思うのです。
入れたほうがいいと言ってる人もいるわけですし、いつまでに叶える必要があるのかを
うまくやれば潜在意識に落としこむことができます。

 

しかし、期限を入れるってことは、
逆に言うと、その期限までは達成しなくてもいいとも言えるわけなんですよね。

 

なので、期限を先にしすぎると、行動を起こすのが遅れたり、
もっと短期間で達成するアイデアを思いつけなくなったりするんです。

 

そして、期限が近づいてくると、今度はアファーメーションをするたびに
「そんな時間がないじゃないか。。ダメかも。。。」なんて、もう一人の自分が言ってしまったりして、
かえって逆効果になってしまうことだって考えられる。

 

じゃあ、期限を「きつめ」に設定するとどうなるか。
よっぽどセルフイメージが高いレベルにある人でない限り、
マイナスをつぶやくもう一人の自分が出てきてしまうんじゃないかって思うんです。
(「きつめ」に設定って言ってるところでダメとも言えますね。)

 

重要なことは、その夢(目標)が達成しているという
イメージ(言葉)を繰り返し潜在意識に刷り込んでいくことです。

 

その刷り込みにしっかり成功したあとにに、
現実世界において、「然るべきタイミングで夢が達成される」という現象が起きるのです。

 

だから、それを邪魔するようなイメージや言葉が浮かんでくるようでは、
なかなか潜在意識を変えることが難しく、当然、夢(目標)を達成することも難しくなる。

 

というわけで、私はアファーメーションに期限は入れていないのです。

 

ちなみにアファーメーションを毎日行いつつ、
その夢(目標)を実現するための行動をするわけですが、

 

私は、効率良く行動をするために行動計画をしっかりと立てており、
その行動計画に期限を入れるようにしています。
アファーメーションとはまた別のものですからね。

 

      << 4.生き生きとイメージできる言葉でアファーメーションの作り方| 次の記事 >>

 

おすすめ!!