4.生き生きとイメージできる言葉で

 

アファーメーションの文章は、生き生きとイメージができるようなものにすると効果的です。
臨場感を感じやすい文でアファーメーションを行い、感情を伴わせるのです。

 

例えば、

  • 「私は、新しい家に引っ越すことができて、とても満足しています!」
  • 「私はとうとう○○を手に入れることができました!最高に嬉しいです!」
  • 「私はずっと行きたかった○○にいます。超ワクワクしています!」
  • 「私の月収が○○万円を超えました!やったぞ〜!」
  • 「私は最高の家族や仲間に囲まれ、毎日幸せです。ありがとうございます」 etc.....

 

こんな感じで文章に感情をあらわす表現を入れるといいでしょう。
そして、アファーメーションをするときは口でこれらの文章を唱えると同時に
その感情もあわせてイメージするのです。これはひじょうに効果的なテクニックです。

 

 

また、たとえばこういうアファーメーションを作ったとします。
「私は簿記1級の試験に合格しました」

 

でも、これではイマイチ臨場感に欠けますので、
少し説明を足して、これだとどうでしょうか。
「私は簿記1級の試験に楽々と合格しました。」

 

「楽々と」が入ったことで少し臨場感を高まりますよね。
さらにこれに感情を表す文章などを入れると
「私は簿記1級の試験に楽々と合格しました。
最高の達成感だ!この調子でどんどん行くぞ!!」

 

どうでしょうか。
最初の「私は簿記1級の試験に合格しました」に比べて、
すいぶんと臨場感が高まったかと思います。

 

 

もう1つ例をあげておきましょう。
収入を増やしたくてこういうアファーメーションを作りました。
「私の収入は毎月増えていっています」

 

「私の月収は100万円です!」などとやると抵抗がある方は
このように進行形でアファーメーションを行うのもOKです。

 

ただ、これだとあまり臨場感がありませんね。
そこで、言葉を足してみましょう。
「私の収入は毎月どんどん増えています。おかげで生活に余裕が出てきました」
「私の収入は毎月すごい勢いで増えています。自分でもビックリするほどです」

 

「どんどん」「すごい勢いで」のところを強調して言うのがポイントですね。
臨場感がかなりアップしているのが分かるかと思います。

 

ということで、
自分の望む状況を臨場感のある言葉で表現して、
毎日アファーメーションを実践していきましょう。

 

<< 3.現在完了形にするアファーメーションの作り方5..期限は入れるべきか >>

 

おすすめ!!

生き生きとイメージできる言葉で|アファーメーションの作り方関連ページ

1.肯定的な文章にする
2.一人称を使う
3.現在完了形にする
5.期限は入れるべきか