3.現在完了形にする

 

アファーメーションは、ただ願望を宣言するものではなく、
神社などで神様にお祈りするのとも違います。

 

こうなりたいという状況が、
すでに叶ったイメージを潜在意識に刷り込むためのテクニック。

 

「私は毎月100万円以上の収入が欲しい!」とか
「来週の○○の試験に合格できますように!」なんてやってはいけません。
これではアファーメーションではなくなってしまいます。

 

この世ではイメージした思いが現実になります。
上記の文章をひたすら毎日唱えたとしても、そのイメージが現実になるだけ。
つまり、月収100万円以上欲しいな〜と思っている状態が続いたり、
試験に合格したい!という思いが続くだけなのです。

 

アファーメーションは、
すでに願いが叶ったイメージができるように、現在完了形で作る必要があります。

 

「私には毎月50万円以上の収入があります」とか
「私は○○の試験に合格することができました」などと、
すでに自分がその状態であるという文章にします。

 

この文章を繰り返し唱えることによって、
すでに願望が叶ったイメージが潜在意識に徐々に染み込んでいきます。
そして、潜在意識がそれを現実化するために、自分の体を動かしてくれるのです。

 

 

ただし、あまり大きな願望をアファーメーションする場合、
それを言ったあとに、心の中で「そんなの無理....」みたいに否定的な声が出てきてしまうことがあります。

 

例えば、年収1億円という目標を持った人が
「私の年収は1億円以上あります!」というアファーメーションを行ったとします。

 

もし、そのときに心の中で「いや〜そんなの無理にきまってるだろう....」
なんていう声が頻繁に出てくるようなら、一旦そのアファーメーションはやめたほうがいいでしょう。
これでは「無理だ」という逆のアファーメーションを同時にしているようなものです。

 

もし、否定的なイメージが頻繁に出てきてしまう場合、
まずは「私の年収は1000万円以上あります!」などと金額(目標値)を下げてみるといいでしょう。
それで後日収入が増えてきたら、アファーメーションの金額を上げていけばいいのです。
いきなり最終目標をアファーメーションにする必要はありません。段階的に達成すればいいわけですから。

 

また、「私の収入はどんどん増えており、年収1億円に近づきつつあります」などと
現在進行形のアファーメーションにするというのも有効です。
これなら、心の中で否定的な声が出てくることも少なくなるかと思います。

 

<< 2.一人称を使うアファーメーションの作り方4..生き生きとイメージできる言葉で >>

 

おすすめ!!