口癖を変えるだけでも

 

「どうせ俺なんか・・・・」とか「最悪だ〜」みないマイナスのことをよく言う人っていますよね。
みなさんはどうでしょうか?何かよく言ってしまうマイナスの口癖ってありませんか。
「面倒臭い.....」とか「私は頭よくないから〜.....」とか。

 

ピンと来た人も多いかと思いますが、
これってマイナスのアファーメーションをやっているのと同じですよね。

 

せっかくアファーメーションをやって、
プラスの情報を潜在意識にどんどん入れているのに
それとは反対のマイナスの情報を普段から口にしていたのでは、
せっかくのアファーメーションの効果が落ちてしまいます。

 

また、マイナスのことばかり言っていると、
潜在意識がマイナスのことを探し出し、自分に引き寄せてしまうんですよ。
これってできれば避けたいところですよね。

 

逆にプラスのことばかり言ってれば、プラスのことを引き寄せる。
絶対にこっちのほうがいいに決まってますね。

 

マイナスの想念が浮かんできてしまうのは仕方がありません。
せめて、それを口に出すのはやめて、その代わりに何か前向きな口癖を身につけるといいですね。

 

実際にそう思ってなくてもいいんです!
「楽しい」とか「最高だな〜」とか、とにかく自分が望む前向きなものを口癖にしてしまうのです。

 

ちなみに私の場合は「面倒くさいな・・・」っていうのが口癖だったんです。。
これが口癖だった頃は、何をやるにも「面倒くさい」と感じることが多かった気がします。

 

だから、かなり行動力がなかったんですよね。
何をするにも動き出すのが遅いんです。

 

でも、あるときからその口癖に少し付け加えてみました。
「あ〜面倒くさいな・・・でも、やるしかないな」

 

そうです。マイナスの「面倒くさい」という言葉のあとに、
前向きな言葉「やるしかない」というのをつけてみたんです。

 

すると、すぐではありませんでしたが、行動するまでの時間が格段に早くなりましたね。
面倒くさいと思う時間が短くなり、そう思うことによるストレスも減りました。

 

しかもそれを続けていたら、「面倒くさい病」が治ってしまったようで、
「面倒くさい・・」という口癖が気が付いたときには無くなっていました。

 

必ずしも、マイナスの口癖を無くす必要はないんですね。
その口癖にプラスの言葉を追加してプラスにひっくり返してしまう。
そうすることで日頃悪影響を与えている、マイナスの口癖から開放されるんです。

 

ということで、
口癖をプラスの言葉にすることは、ひじょうに大事なこと。
実はこれが一番のアファーメーションなのではないかと思います。

 

おすすめ!!

口癖を変えるだけでも|アファーメーション実践講座関連ページ

マイナスの想念が出てきたら